DISTRICT 37

なにか

DjangoのCoverageテスト

前回のテストの続き

dragstar.hatenablog.com

Coverage.py

unittestを一通り書いたのならば、coverageを確かめる。テスト駆動開発ではないことが前提となるが、テストというものは書いたコードを余すことなく動作確認することが重要となる。プロジェクトが小さいうちはまぁ目視できるが、大きくなればなるほどにヒトの限界を感じるようになる。

そこで、カバー率をチェックできるツールがcoverage.pyとなる。少し前ならばdjango-noseというライブラリがあったらしいのだが、どうもdjango2系ではうまくカバー率を計測できないとかなんとか。

続きを読む

Djangoのテスト

テストの書き方としてModelのテスト、FORMのテスト、VIEWのテストをやったらいいのかなと。Djangoのテストフレームワークpythonのunittestに準じているので単体テストとなる。という事でバグを出さないことはもちろんのこと後述するCoverageを100%に近づけるのが目標となる。

という事で以降に自分がテストを書くときの方針をメモしていく

続きを読む